コーナーボード

出隅・袖壁をせっこうボードで簡単施工 施工性、品質、安心に革新


チヨダウーテの「コーナーボード」は、部屋の出隅・袖壁の納まりに革新をもたらした商品だ。

通常、部屋の出隅・袖壁の納まりの施工は、建築現場での長時間の作業が必要だ。具体的には、2枚のせっこうボードを直角に貼り合わせ、貼り合わせた角に補強材(コーナービード等)を取り付け、パテ処理をして、クロス仕上げ・塗装仕上げをする。だが、チヨダウーテのコーナーボードなら、こうした長時間の現場作業を軽減できる。あらかじめ、石膏ボードと補強材(樹脂・けい酸カルシウム板)を組み合わせた製品であるため、現場で簡単スピーディーに施工が可能だ。従来掛かっていた人工が削減できるため、施工コストも3分の1に抑えられる。

また、従来の現場での施工では、巾木の一部にパテの厚みが出たりクロスにひび割れが発生することもあるが、コーナーボードなら、こうしたこともない。

  • 簡単施工で工期短縮

  • 出隅・袖壁の納まりの美しさを持続

  • やわらかい丸みが安心もたらす

    ■記者の目

    部屋の出隅・袖壁の納まりにおいて、従来は現場での部材の加工・パテ処理があたり前だった。だが、コーナーボードはそのあたり前を覆し、施工性や品質、安心などの向上を図っているという点で革新的な製品だと言える。特に、施工性については、今後職人不足がますます深刻化していくだけに意義は大きい。チヨダウーテではかゆいところに手が届くような現場目線でのものづくりを会社の理念としている。コーナーボードでも開発者は全国の現場へ赴き職人にヒアリングを行い、改良を重ねた。こうした現場目線のかゆいところに手が届くことを目指す姿勢が、コーナーボードの部屋の出隅・袖壁の納まりにおける革新につながっていると言えるだろう。

    商品名 コーナーボード
    価格 お問い合わせください
    発売 チヨダウーテ株式会社

    • コメント
    • facebookコメント