フルハイトドア

天井高2700㎜も標準仕様で対応 室内ドアが開放的な空間をつくる


室内ドアの販売を行う神谷コーポレーションは2005年より「フルハイトドア」を提供している。フルハイトドアとは、同社が展開する室内ドアブランド。「ドアの壁面化」をコンセプトに、一般的な住宅の天井高2400㎜はもちろん、2700㎜の天井高にも標準仕様で対応する(一部は2400㎜まで)。ドアの上にある下がり壁が無いため、ドアを開けたときにも天井が続く開放的な空間づくりが可能だ。格子戸などの幅広いデザインを揃えることで、和風・洋風を問わずにあらゆる空間で使うことができる。

枠にも工夫を施しており、ドアを閉めたときに壁とフラットになるよう枠を壁の中に埋め込む「ステルスモード」や、枠の大きさを極限までコンパクトにした「インセットモード」を用意している。ドアのハンドルもフルハイトドアと相性がよく、開放的な空間づくりでも邪魔にならないシンプルなデザインを採用。主張しすぎないディテールでフルハイトドアの魅力を最大限に引き立てている。

  • 独自の枠納まりでドアを壁面化

  • 豊富なバリエーションを用意 多様な空間づくりにも応える

    ■記者の目

    「個性をドアで表現したいと思う人が増えてきたように感じる」と同社の担当者が語るように、発売以来、フルハイトドアの出荷本数は50万本を超えた。出荷本数がここまで伸びたのには、エンドユーザーを意識したPR活動も影響している。フルハイトドアを搭載した2tトラックが訪問する「出前ショールーム」により全国に7ヶ所あるショールームへ行くことが出来ない顧客にも、フルハイトドアの良さを伝えているという。製品開発だけでなくPRにおいてもエンドユーザーを意識した同社の姿勢が、フルハイトドアの採用を加速させそうだ。

    商品名 フルハイトドア
    価格 お問い合わせください
    発売 神谷コーポレーション株式会社

    • コメント
    • facebookコメント

    この製品を含む記事