四国化成工業のオープン外構向けのファサード・システム「エクサク」は、プランナーのアイデア次第で、独自性溢れるファサード空間を実現するエクステリア建材だ。

エクサクの核となるのは、支柱(高さ2400㎜、奥行200㎜・100㎜)と梁(幅1600㎜・2100㎜・2600㎜・3100㎜、奥行同じ)で構成するゲート。支柱や梁を自由に増設することができ、敷地条件やプランニングに応じて自由自在にファサード空間を“線”で演出できる。また、玄関先に新たな接客空間を創造できるウェルカムポーチ「エクサクルーフ」などの関連商品を組み合わせることで、提案の幅はさらに広がる。

豊富な商品バリエーションで自由度をさらに向上

支柱などの部材については、豊富な商品ラインナップを揃えており、カラーだけでもセピアブラウン、マロンブラウン、ライトブラウン、ステンカラーという4色を用意。

加えて、支柱正面の縦ラインに従ってアルミやガラス、タイルなどをはめ込み、装飾できる支柱もラインナップしている。支柱にはめ込むタイルには、ホワイト、ブラウン、ベージュの3色を取り揃えた。

さらに、ガラスをはめ込んだ支柱は、LEDを内蔵できる機能をも備えている。支柱にはめ込んだガラスのラインに沿ってLED照明の光が浮かび上がる。LED照明は昼白色、電球色、青色の3色から選択することができる。

支柱や梁を連結し 多彩なプランニングを可能に

充実のバリエーション LED照明内蔵型の支柱も

充実のバリエーション LED照明内蔵型の支柱も

ウェルカムポーチやファンクションパネルなど関連商材も充実

 記者の目

エクサクの魅力は、なんといってもその自由度の高さ。豊富な商品バリエーションと組み合わせ自由なゲートによって、プランナーや設計者のアイデアを具現化する。また、“面”ではなく、“線”でファサードを演出するというコンセプトは、玄関ドアの正面にゲートを斜めに交差させて設置することで、奥行き感を創造するといった新しいアイデアの呼び水にもなりそうだ。