現在、住宅用に普及している雨樋は、塩ビ製のものが大半を占めている。塩ビ製の雨樋そのものが屋根材とマッチしにくく、また、吊り金具などが表に現れるため、住宅外観を損なう懸念がある。メンテナンスの手間もかかる。雨樋には、落葉やヘドロなどが溜まりやすくなるため、住まい手が定期的に雨樋を掃除する必要があり、これを負担に感じている人も多い。こうした課題の解消を目指し、元旦ビューティ工業が開発したのが、金属雨樋「元旦内樋」だ。独自の形状に加工した「雨樋」と、雨樋を覆うように被せる「落ち葉よけカバー」で構成。雨樋と、落ち葉よけカバーを噛み合わせる独自の構造を採用することで、雨樋に溜まる雨水などの重量に耐えられる機能を持たせた。これにより吊り金具なども不要となり、よりすっきりと美しく軒先を仕上げられる。

耐候性の優れたガルバリウム鋼板を採用

元旦内樋は、優れた耐候性も備えている。標準仕様の元旦内樋の素材に、耐候性に優れたガルバリウム鋼板を採用することで、雪にも強い性能を実現した。また、ステンレスやチタンなど様々な素材も用意し、特注生産にも対応する。

施工が非常に簡単であることも元旦内樋の特長のひとつだ。

雨樋を軒先の幕板に固定するだけという簡単施工を実現。簡単に後付けできるため、新築だけでなく、リフォームにも適している。

 記者の目

住宅外観にこだわる住宅事業者は、「できれば雨樋はつけたくない」と考えている人も多い。また、住まい手にとっても、雨樋に溜まるヘドロや落ち葉を定期的に掃除する必要があり、大きな負担となっている。高所での作業となるため、安全面の課題も指摘されている。こうした課題を一挙に解決するのが、元旦内樋だ。すでに「従来型の雨樋からすぐに取り替えたい」という依頼が同社に殺到しているという。

お問い合わせ

元旦ビューティ工業株式会社

 0120-09-49-39  https://www.gantan.co.jp/