窓リフォーム市場に風穴

窓は住宅の中でも熱損失が大きい箇所である。それだけに、リフォームすることで手軽に断熱性能の向上が見込める。こうしたなか、LIXILではリフォーム適齢期の木造住宅の8割はアルミサッシ・単板ガラスの窓であると推計。そこで、なかなか進まない窓リフォームに風穴を空けようと、従来の窓リフォームの課題解決を図った窓リフォーム商品が「リフレム リプラス」だ。

従来のカバー工法の課題を克服

窓リフォームについては、ガラス交換や内窓の設置などの方法があるが、リフレム リプラスでは、性能の向上、施工性、使い勝手といった条件を総合的にクリアするカバー工法(既存の枠の上から新しい枠を取付ける工法)を採用。そのうえで、従来のカバー工法において、課題が残っていた施工性とデザイン性を強化した。

施工の負担を軽減、意匠性を向上

具体的には、現場調査、価格提示、工事といった各プロセスを簡素化し、作業効率を上げるためのさまざまな工夫を実施。リフォーム事業者への負担を軽減するようにした。また、室内見付寸法を小さくすることで、デザイン性能向上と採光面積の確保を実現している。

 記者の目

リフレム リプラスにおいて注目すべき点は、窓リフォーム施工者への大きな配慮だ。窓リフォームについては、高度な技術が必要であり人材不足が深刻だというが、リフレム リプラスでは施工に関わるプロセスを簡素化する工夫を施すことで、この問題の解決を図っていこうとしている。当然、施工性については、どのメーカーも配慮しているところではあるが、リフレム リプラスについては、あらゆる細かな点まで徹底的に取り組んでおり、LIXILの窓リフォーム市場開拓への本気度を感じる商品だと言える。

お問い合わせ

LIXIL

 0120-126-001  http://www.lixil.co.jp/