今後、新設住宅着工戸数が減少していくと予測されているが、一方で、こだわりを持つ消費者が増え、ニーズも多様化していくと見られている。金属サイディングのトップメーカー、アイジー工業は、こうしたこだわりを持つエンドユーザーに対して金属サイディングの良さを認知してもらおうと金属の良さを前面に打ち出した商品開発に注力している。

金属横葺き屋根のような意匠を金属サイディングで実現

2017年6月に発売した「SF-BIRECT(エスエフ-ビレクト)」は、まさに金属らしさを追求した商品と言える。近年、板金製の横葺き屋根と同じ意匠で、外壁を仕上げたいというニーズが高まっているが、一方で「意匠的に表面が薄い鋼板特有の波打ち感が気になる」という指摘があった。また、外壁を薄い鋼板で仕上げる場合、防火構造認定が必要な建物では、石膏ボードの下張りが必要となる。対して、SF-BIRECTでは、断熱材を裏打する独自の技術を活用し、鋼板表面を美しく仕上げることに成功。金属横葺き屋根のような意匠を金属サイディングで忠実に再現した。これは他社にはない同社独自の強みだ。また、一般的な金属サイディングと同様に施工でき、屋外への石膏ボード下張りも不要。施工性にも優れている。

断熱材の裏打ちにより 薄い鋼板特有の波打感を解消

段キャップや段出隅など 専用部材を用意 よりすっきりとした外観を実現

段キャップや段出隅など 専用部材を用意 よりすっきりとした外観を実現

 記者の目

「技術のアイジー」と呼ばれるほど、商品開発力に定評があるアイジー工業。クールで洗練された波型デザインが特徴の「ガルスパン」や、業界初のフラットデザインを実現した「ガルブライト」といった商品は、同社の代名詞であるとともに、金属サイディング市場全体のトレンドを生み出してきた商品とも言える。同社によると「SF‐BIRECTの研究開発には、約3年の期間を要したが、非常に完成度の高い商品を具現化できた。発売以降、好意的な反響をいただいている」という。SF‐BIRECTも、ガルスパンやガルブライトに続き、金属サイディングの新潮流となる可能性を秘めている。

お問い合わせ

アイジー工業株式会社

 0237‐43‐1810  https://www.igkogyo.co.jp/