フローリングは、内装建材の中でも住まい手が日々目にし、手や足で直に触れるもの。それだけに、高い意匠性、質感、機能性が求められる。メーカー各社がフローリングの高付加価値化に向けて新商品の開発にしのぎを削るなか、ノダは国産ヒノキ合板と高密度MDFをミックスし、独自の複合基材を開発。国産ヒノキ合板を基材に活用したフロアを展開することで、他社との差別化を図っている。

一貫生産体制の構築で優れた品質と安定供給を実現

2015年5月に静岡県富士市内に自社合板工場を新設し生産を開始した。同社の複合フロアの最上位クラスに位置づける「ナチュラルフェイス・Jベース」などの基材に国産ヒノキを採用している。合板工場ではフロア基材用50%、構造用合板50%の割合で合板を製造。原木調達から合板、フロアの製造までの一貫生産を行うことで、優れた品質を確保できるとともに安定供給を実現している。

健全な森林維持と地域活性化に貢献

同社は、小中径木と呼ばれるヒノキをフロア基材として使用する。小中径木を適切に間引きすることで、良質な木が育ち健全な森林を維持することに寄与するとともに、二酸化炭素の吸収量の向上にも繋がる。また、同社の創業地でもある静岡県産のヒノキを主に活用することで、地域経済の活性化にも貢献していきたい考えだ。

 記者の目

原木の調達から、合板、フロアの製造までを一貫生産できる体制を整えることにより、高いレベルで品質確保と安定供給を実現している。同社は「森を守り、地域の活性化に貢献したい」という想いから、自社合板工場の建設に至ったという。国産木材を活用することでサステナブルな森林経営に貢献したい考えだ。同社の想いを感じることができるフローリング、それが「ナチュラルフェイス・Jベース」だ。

お問い合わせ

株式会社ノダ

 03-5687-6222  http://www.noda-co.jp/