国が普及を推進するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)や、住宅・建材生産者団体等が推奨するZEHを上回る外皮断熱性能であるHEAT20に対応する動きが広がりつつある。そんな、高性能な外皮性能を確保するためカネカが提案しているのが「カネライトフォームFX」だ。

輻射伝熱抑制技術に加え高断熱性の発泡剤を高濃度に分散し、熱伝導率(λ)0.022W/(m・K)の優れた断熱性能を発揮する。

従来品を凌駕するλ0.022W/(m・K)を発揮

0.022W/(m・K)の性能は、従来の「カネライトフォーム スーパーE-Ⅲ」と比べ約20%、「カネライトフォーム スーパーEX」と比較しても約10%断熱性能が向上している。従来品の持つ優れた圧縮特性や安全性・環境性などはそのままに、断熱性能を高めた。従来品と比べて断熱材の厚みを薄くできるため、壁での使用や断熱改修にも採用しやすい。

総合力を活かしZEH・HEAT20の実現をサポート

同社では壁などにカネライトフォームFX、屋根や床などにはカネライトフォーム スーパーE-Ⅲを使用するなど、使用部位や構造に合わせて断熱材を使い分ける提案も進めている。瓦一体型太陽電池や蓄電池、有機EL照明も製造、オリジナルの外断熱・二重通気工法「ソーラーサーキットの家」も含め、総合的なZEHソリューションの提供が可能だ。カネライトフォームFXを核にビルダーのZEH・HEAT20実現をサポートする。

 記者の目

カネライトフォームFXは、優れた断熱性能だけでなく、圧縮強さや曲げ強さに優れる施工性の高さも特長だ。安全性や環境性にも配慮し、断熱材に必要な性能・機能を高次元で両立している。断熱性能だけでなく、施工性や安全性、快適性向上という点も含めた総合力の高さが競争力を発揮しそうだ。

お問い合わせ

株式会社カネカ・カネカケンテック株式会社

 03-3596-7011(カネカケンテック)  http://www2.kenzai.kaneka.co.jp/