ジーワンボード

優れた断熱性能に加え、 遮熱性能も備えた硬質ウレタン断熱材

2020年の省エネ基準の適合義務化に加えて、国は2020年までに標準的な新築住宅の過半数でZEHを実現する目標を掲げている。アキレスでは、熱伝導率0.018W/(m・K)という業界最高水準の断熱性能を実現した硬質ウレタンフォーム断熱材「ジーワンボード」(Z1ボード)を2017年10月から発売した。厚みを抑えながらZEH以上の断熱性能を実現できる断熱材として高性能な住宅づくりに取り組む工務店などへ訴求していく考え。

遮熱機能などの強みを引き継ぎ業界最高水準の断熱性能を実現

同社は、2006年に高性能硬質ウレタンフォーム断熱材「キューワンボード」(Q1ボード)(熱伝導率0.021W/(m・K))を発売した。

その後、断熱材の両面に遮熱性能に優れたアルミ箔面材をラミネートするなど、同製品の改良を行い、10年以上にわたり高性能断熱材市場で高い支持を得てきた。

新たに開発したジーワンボードでは、こうしたキューワンボードの強みを維持しつつ断熱性能を高めた。具体的には、断熱材を構成するセルのさらなる微細化を図り、キューワンボードに比べて約17%、断熱性能を向上させることに成功した。

    記者の目

    とくに省エネ基準で3地域以北に分類される寒冷地では、充填断熱だけでは、ZEH 以上の断熱性能の要求水準を満たすことが難しく、付加断熱が求められることが多い。納まりを重視し、できるだけ断熱材の厚みを薄くしたいという住宅事業者からの要望は強い。こうした要望に応え、アキレスが開発したのがジーワンボードだ。ジーワンボードを用いることで、約5㎜は厚みを薄くできるという。この5㎜が住宅の納まりに与える影響は大きい。従来と同じ施工方法で、断熱材の厚みを抑えつつ断熱性能を高められる。高性能住宅づくりに取り組む事業者にとって、必須アイテムとして注目を集めそうだ。

    DATA

    商品 ジーワンボード
    価格 お問い合わせください
    発売 アキレス株式会社

    3Dカタログ.comでこの製品の3Dデータを確認


    国内最大級!!「3Dカタログ.com」は豊富な建材、住設機器、インテリア製品の3Dデータを誰でもWEB上で閲覧でき、実際に施工した場合の完成イメージの確認や、建材・住宅設備機器の選定が可能な3Dシミュレーションサイトです。

    ※運営:福井コンピュータアーキテクト(株)

    この製品を含む記事

    建材 |  2018.5.7

    建材・設備メーカーに聞く 2018年 春のイチオシ商品【建材編】

    より高いレベルの省エネ性、耐久性、意匠性などを追求 多様化、細分化するニーズへの対応も加速

    建材 |  2017.5.26