ミラーTVディスプレイの考え方を発展

一見するとただの鏡だが、電源スイッチを入れると、鏡面にテレビの映像が映し出されるという建材を見たことがあるだろうか。これは「ミラーTVディスプレイ」というもので、ホテルや美容室、一般家庭などに導入されている。主にガラスドア、パーティションの企画開発、設計・施工などを行うエイブルは、この「ミラーTVディスプレイ」の開発も行っている。そのなかで、この考え方を発展させた室内ドアを開発したいと考えた。

室内ドアが姿見と大型ディスプレイに変身

その室内ドアが「mirado(ミラド)」。室内ドアの表面に特殊ミラーを施し、映像出力用モニターを内蔵することにより、電源がOFFの時は姿見鏡として利用でき、電源をONにするとBluetoothを通じてスマホやタブレット、PCなどの画面をドア表面に映し出せる。大規模な設置工事は必要なく、既存のドア枠にとりつけるだけで施工が可能。リフォームなどでの導入もしやすい(本体システムの特許取得済み)。

ネットにつながるドアで、暮らしの可能性が広がる

miradoを導入すれば、暮らしの可能性が広がりそうだ。例えば、スマホに保存している写真画像をmiradoに映し出せば、室内ドアがデジタルフォトフレーム代わりになる。大きな画面で見ることにより、臨場感や迫力が増す。また、家族皆で一緒に見れるので、家族団らんにもつながる。ダブル画面での表示も可能であるため、例えば、ネットテレビの映像を映し出しながら隣で番組と関連したスマホ画面を映し出すこともできる。

センサーやカメラなども組み込める

試行錯誤の開発で、3つの用途を一つに

試行錯誤の開発で、3つの用途を一つに

 記者の目

ドア関連のIoT化というと、スマートロックが注目を集めているが、miradoはそれとは異なる新たな観点からIoT化にアプローチしている点が面白い。miradoにより、室内ドアは単なる部屋間を移動するための建具というだけではなく、暮らしを楽しみ家族の絆を深める道具にもなり得る。これまでにないこういった新たな発想ができたのは、エイブルがもともとミラーTVディスプレイなども開発しているガラスドアメーカーだからこそと言えるだろう。miradoは海外出願、米国特許申請中で、同社は将来的に欧米、上海、シンガポールなどの海外でも販売していきたい考えだ。IoT室内ドアmiradoが世界を席巻する日が来るかもしれない。