Fu-ge(フュージェ)

ライフサイクルコストを大幅に削減 超高耐候塗料を採用したロングライフ外壁


住宅の外観を長く美しく保つ

住宅のロングライフ化が進展するなか、メンテナンスなどにかかるコストを削減し、ライフサイクルコストの上昇を抑制することが課題になってきている。とくに住宅の外観に大きな影響を及ぼす外壁については、メンテナンスサイクルの長期化で、ライフサイクルコストを削減しながら、かつ長期間にわたり美しく保つという難題を突き付けられている。ニチハでは、これに対応すべく、ロングライフ外壁としてFu-ge(フュージェ)を販売している。

再塗装費用を削減30年近く経っても色あせない

一般的な窯業系サイディングの場合、10年〜15年というスパンでの再塗装が必要となる。フュージェは、超高耐候塗料「プラチナコート」の採用で、再塗装までの期間を大幅に延長。促進耐候性試験の結果によると、30年近く経過しても美しさを維持することが分かっている。加えて、雨で汚れを洗い落とすセルフクリーニング機能も備える。

シーリングレスで見た目もスッキリ

シーリングレスを実現するドライジョイント工法を採用している点もフュージェの特徴のひとつ。「四方合いじゃくり」によって外壁材同士の継ぎ目にシーリング材の施工を不要としたことで、見た目をスッキリと仕上げることができるだけでなく、耐久性の向上にも貢献。加えて、通常のシーリング材よりも優れた耐久性を備えた「プラチナシール」も用意し、15年の変色・褪色保証を行っている。仕上がりの美しさ、ロングメンテナンスの実現などが評価され2014年度のグッドデザイン賞を受賞している。

  • 超高耐候塗料「プラチナコート」再塗装までの期間をより長く

  • 四方合いじゃくりでシーリングを不要に

    ■記者の目

    窯業系サイディングメーカーのトップランナーとして、機能、デザインの両面で最高水準のものを実現するといのが、フュージェの開発目的であったという。この目的を見事に達成し、機能面では30年近い耐候性能を実現。同社の試算によると、このサイディングを採用することで、戸建住宅であれば30年間のメンテナンスコストを約250万円も削減できるという。デザイン面でも、シンプルなものだけでなく、同社ならではの特色がある色柄も用意している。今後も新たな色柄を追加する予定だという。長期間にわたり住宅の外観を美しく演出する「ロングライフ外壁」と呼ぶに相応しいサイディング材である。

    商品名 Fu-ge(フュージェ)
    価格 お問い合わせください
    発売 ニチハ株式会社

    • コメント
    • facebookコメント