フレックスシステム

日本初、透湿防水シートが不要なロックウール外張り断熱工法

安全性、施工性に優れた外張り断熱工法を日本に

日本の住宅・建築物の外張り断熱工法には、主に発泡プラスチック系の断熱材が用いられている。ただ、耐火性能や施工性といった面で課題も指摘されている。こうした声を受けてチャネルオリジナルが2015年9月から販売を開始したのが、ロックウール断熱材を用いた外張り断熱工法、フレックスシステム。

天然の岩石を原料に使用 優れた撥水性を発揮

フレックスシステムは、デンマークに本社を置く世界最大の石綿断熱材メーカー、ロックウールグループのロックウール断熱材を活用した外張り断熱工法。このロックウール断熱材の原料には、玄武岩や石灰岩、コークスなどの天然の岩石を使用。独自の製造工程を経ることで、他社にはない優れた性能を付与した。最大の特長は、優れた撥水性。一般的なロックウール断熱材を水に浮かべると水分を吸収し、時間が経つと沈むのに対して、ロックウール社のロックウール断熱材は、水の上に浮かべても、水分を吸収せず浮き続ける。

JIOの瑕疵担保保険が利用可能に

チャネルオリジナルでは、フレックスシステムの日本での発売開始を前に、(一財)建材試験センターで、ロックウール断熱材の耐水試験を実施。一般的な住宅・建築物に求められる耐水性能を有していることが確認された。この結果を受けて、住宅瑕疵担保保険法人JIOが指定する設計施工基準の一つとして認められた。透湿防水シートが不要な日本初の外張り断熱工法となる。チャネルオリジナルでは、建築基準法上、問題なく使用できる3階建て以下のRC造の新築・改修での普及を促すとともに、木造住宅でも広く採用されるように、早期に防火構造認定の取得を目指す。

  • 優れた耐火性、環境性能を付与

  • 優れた耐火性、環境性能を付与

  • 透湿防水シートの施工が不要 施工時間の短縮、簡略化に寄与

  • 透湿防水シートの施工が不要 施工時間の短縮、簡略化に寄与

  • 透湿防水シートの施工が不要 施工時間の短縮、簡略化に寄与

    記者の目

    ロックウール社製のロックウール断熱材。最大の特長は撥水性。水をかけても、一切、水を吸収せず弾き返す。この優れた防水性能を生かした外張り断熱工法がフレックスシステム。ロックウール断熱材が防水の役割を兼ねるため、従来の外張り断熱工法では必須であった透湿防水シートが不要になる。これにより施工性も向上。新築で、断熱改修で、採用されるケースが増えていきそうだ。

    DATA

    商品 フレックスシステム
    価格 お問い合わせください
    発売 チャネルオリジナル株式会社