ネダノンスタッドレス5+(ファイブプラス)

建物に強さと粘りをもたらす構造用合板 5倍超の壁倍率で耐震性能を向上

巨大地震に備え、建築基準法以上の強さを

近年、住宅の耐震性能は大きく向上した。しかし、首都圏直下型地震など巨大地震の発生が予測されるなかで、建築基準法で定められたレベルで留まることなく、もっと高い性能を目指す必要があるという声もある。東京合板工業組合と東北合板工業組合傘下のメーカーが製造する厚さ24㎜の構造用合板「ネダノンスタッドレス5+(ファイブプラス)」は、「耐震性能の向上に向けて、出来ることは最大限やろう」という発想のもとに生まれたものだ。

最高7倍の壁倍率建物をより強固に

ネダノンスタッドレス5+を用いた耐力壁は、倍率5.0倍の国土交通大臣認定を取得している。倍率5.0倍という性能値は大臣認定では最高ランク。実際の実力値としては、壁倍率5.9〜7倍という耐力を備えている。なお、一般的な9㎜厚の構造用合板の壁倍率は2.5倍。ネダノンスタッドレス5+を活用することで、間柱を省略することも可能になる。また、間口が狭い都市部の狭小住宅などでは、壁を少なくすることで、より広く開放的な居住空間の実現にも貢献する。

エネルギー吸収能力で予想以上の巨大地震にも対応

ネダノンスタッドレス5+を採用した住宅では、まず優れた耐力で地震の揺れに持ちこたえる。これにより、ほとんどの地震には対応できるが、基準法の想定外の巨大地震でも、その優れたエネルギー吸収能力により倒壊しにくいと考えられる。通常の厚さの構造用合板であれば、大きな変形により、柱に固定している釘が抜けて建物は倒壊するが、「ネダノンスタッドレス5+」は、75㎜という通常よりも長い釘で柱に固定しており、“完全”に釘が抜けきる可能性は低い。これによって住宅に“粘り”をもたらすというわけだ。

  • 間柱を省略可能 壁が少ない開放的な空間を実現

  • 優れたせん断性能を発揮 建物に粘り強さをもたらす

    記者の目

    「ネダノンスタッドレス5+」の開発に携わった国立研究開発法人森林総合研究所の神谷文夫フェロー(セイホク技師長)は、「多くの地震の被害状況を調査するなかで、地震対策にやり過ぎはないと実感した」と語る。神谷氏によると、「ネダノンスタッドレス5+」を使って建物の耐震強度を2倍にすることで発生するコストアップは、「建物の規模などにもよるが20万円程度」だという。この程度のコストアップでより確度が高い安全・安心を確保できるのであれば、決して「高い買い物」ではないだろう。

    DATA

    商品 ネダノンスタッドレス5+(ファイブプラス)
    価格 お問い合わせください
    発売 東京合板工業組合・東北合板工業組合