改正宅建業法の施行を視野に入れたインスペクション(建物状況検査)関連の提案が活発化してきている。不動産事業者による消費者へのインスペクションについての説明・インスペクターの斡旋をサポートするサービスや、インスペクションをアプリで簡単に行えるサービスといった新提案が出てきている。

* * *

今年4月1日に改正宅建業法が施行された。これにより、不動産仲介事業者には不動産の売買仲介時に、仲介物件がインスペクション実施済みか否か、実施済みである場合にはその結果を買主に対して説明することが義務付けられる。また、インスペクションが実施されておらず、買主がインスペクションを希望する場合には、不動産仲介会社に対して、インスペクターを斡旋することが義務付けられる。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目