最高級の木造フルオーダーによる住まいづくりプロジェクト「PREMIUM Gran Wood(プレミアムグランウッド)」東京プロジェクトを始動した。東京都世田谷区にケーススタディハウスを建設。顧客の特別なこだわりを形にするための提案体制としてデザインユニットを新設し、世界にひとつだけの邸宅を提供する。

木造フルオーダーにより世界にひとつだけのプレミアムな邸宅を提供する「プレミアムグランウッド」東京プロジェクトをスタートさせた。同社は2017年4月に兵庫県芦屋市で「プレミアムグランウッド 神戸・芦屋の家」をケーススタディハウスに「プレミアムグランウッド」プロジェクトを始動したが、今回、東京都世田谷区等々力で土地を入手し、ケーススタディハウスを建設。第二弾のプロジェクトを開始した。

「プレミアムグランウッド」東京プロジェクトで東京都世田谷区等々力に建設したケーススタディハウス

同社は木造住宅では注文住宅「グランウッド」を全国で展開し、木造の分譲戸建住宅にも力を入れている。2017年4月には最高級の木造フルオーダー住宅「プレミアムグランウッド」を発売した。ただ、木造住宅ではシェアはまだ高くない。東京エリアでも木造住宅ではトップ10に入れないのが現状で、とくに高級低層住宅エリアである世田谷区や杉並区ではライバルと比べて低いシェアにとどまっている。

同社の芳井敬一社長は戸建住宅でトップシェアとなることを目標に掲げており、そのためには木造住宅でもシェアアップを図らなければならない。とくに東京の高級低層住宅エリアでは木造住宅が選ばれるケースが多い。東京でのシェア拡大を目指して実施するのが「プレミアムグランウッド」東京プロジェクトだ。

「今回、世田谷区等々力の土地を入手し、ケーススタディハウスを建設した。これを起点に東京の高級木造住宅市場に参入し、シェア拡大を図る」(芳井社長)としている。

提案体制としてデザインユニットを新設

同プロジェクトでは、「今だけ、ここだけ、あなただけ」をメインテーマに、顧客のこだわりを追求した邸宅を提案していく。そのために邸宅のトータルプロデュースを行う「プレミアムデザインユニット」を新設した。全体を統括するプロデューサーに加え、顧客との窓口となるディレクター、設計をサポートするソリューションプランナー、工事の管理を行うコンストラクションチーフなどで構成されるユニット体制により、初期提案から住まいの相談・メンテナンスまで幅広く対応。顧客を生涯にわたってサポートしていく。

「プレミアムグランウッド」東京プロジェクトでは、顧客の特別なこだわりを追求する「逸品」を提案する。顧客のこだわりを形にする「匠」として、デザインは過去にグッドデザイン賞を受賞した社内デザイナーをはじめ優秀な設計士が担当する。施工も現代の名工に選ばれた職方など、選任スタッフが担当する。

ケーススタディハウス「プレミアムグランウッド 世田谷・等々力の家」は、木造軸組工法(グランウッド構法)による地上2階建。232.66㎡の敷地に、延床面積153.54㎡の建物を建設した。建物と庭を一体的にデザインし、自然と共生する「庭屋一如」の住まいとした。中庭と居室が連続する設計とし、都市部でも自然をすぐそばに感じられる。また、左官職人の技によって仕上げた壁を照明デザイナーが照明計画を行い、太陽の光では表現できない陰影を生み出した。

「光と陰を最大限に活用し、日本家屋特有の侘び、寂の空間を演出した」(北村淳プロデューサー)という。

「素材」の面でも逸品を追求した。日本で最高級ブランド木材とされている「吉野杉」をふんだんに天井部分に用いた。樹齢200年の吉野杉から5%しか取れない赤柾目木材のみを厳選し格子形状の天井に仕上げた。留め付け方法も工夫し美しく格式のある住まいとした。

安全・安心を確保する「技術」にも力を入れた。土台や柱には強度に優れる吉野檜を採用。さらに、断面欠損を減らし、木が本来持っている強さを活かす独自の「ワンスリット接合金物」で柱や梁を接合した。

「鉄骨住宅のノウハウを活かした。高い耐震性と耐久性を発揮する」(同)という。プロジェクトでは1邸ごとにすべて「邸別構造解析」を実施し、安全・安心を確保する。

キッチンにはイタリアの高級キッチンメーカーであるバルクッチーネ社の最高級キッチンを採用。引手部分に樹齢200年の吉野杉の柾目材を使用した等々力モデル専用のオリジナルキッチンだ。見た目の美しさや機能にも逸品の業を採り入れた。

建物と庭を一体的にデザインし、自然と共生する住まいとした

ダイニングの天井材には樹齢200年の吉野杉の希少な赤柾目木材を用いた。キッチンはイタリアのバルクッチーネ社製の最高級品を採用している

東京の高級木造住宅市場を深耕

同社ではケーススタディハウス「プレミアムグランウッド 世田谷・等々力の家」を拠点に高級木造住宅市場で「プレミアムグランウッド」をアピールし認知を高めたい考えだ。9月頃まではモデルハウスとして使用し、その後は売却する予定だ。

「それまでに10 棟は受注したい」(同)としている。

「プレミアムグランウッド 世田谷・等々力の家」の価格は参考価格(土地・建物・外構・家具含めて)2億7500万円(税込)となっている。