中村好文氏独演会「レスタウロの流儀」

  


いつ:
2018年12月8日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2018-12-08T14:00:00+09:00
2018-12-08T16:00:00+09:00
どこで:
講演会]奈良国立博物館 講堂・東新館、[交流会]鹿の船囀
料金:
[講演会]2000円(一般)、1500円(建築士会会員)、1000円(専攻建築士登録者)、[交流会]6000円
連絡先:
(一社)奈良県建築士会・教育事業委員会
0742-30-3111

建築家の中村好文氏がこれからの時代の住まいや暮らしのあり方について話をする独演会「レスタウロの流儀」を開催する。

レスタウロとはイタリア語で都市や建築の修復・再生を意味し、建築分野においては歴史的な価値を損なわずに再生する行為を示す。

今あるもの活かしつつ新たな価値を与えることで心地よい空間をつくる好文流のレスタウロの流儀をベースに、これからの住まいの在り方について解説する。

当日は講演会に加えて交流会も行う。

日時:12月8日(土)[講演会]14:00~16:00(受付開始13:30)、[交流会]17:00~20:00
会場:[講演会]奈良国立博物館 講堂・東新館、[交流会]鹿の船囀
参加費:[講演会]2000円(一般)、1500円(建築士会会員)、1000円(専攻建築士登録者)、[交流会]6000円
定員:[講演会]150名、[交流会]30名(事前申込制、先着順)
問い合わせ:0742-30-3111