S-uiPS

スイプス


実存する都市インフラに関する詳細なデータベースを作成し、力学(水理学)原理のみに基づいて精緻に浸水状況を予測する手法。早稲田大学の関根正人教授が開発した。また、S-uiPSを高速運用して、リアルタイムの浸水予測システムを構築。国土交通省のリアルタイム雨水観測システム「XRAIN」による現況値と、気象庁による30分先までの「高解像降水ナウキャスト」の予報値の活用により、30分先までの浸水予測が可能。


このキーワードを含む記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです