キーワード  | 2019.1.25

CES

せす

「Consumer Electronics Show」の略で、毎年、米国各地で開催されるエレクトロニクス見本市。特に年初にラスベガスで開催されるものは世界最大級。全米家電協会(CEA)が主催する。

2019の年初にラスベガスで開催されたCESでは、積水ハウスが日本の住宅メーカーとして初めて出展。住まいの事業モデルの変革を目指す新プロジェクト「プラットフォームハウス構想」を発表した。

このキーワードを含む記事

その他 |  2020.6.3

(一社)LIVING TECH協会が設立、スマートホーム等の社会実装を促す

リノベる、アマゾン、蔦屋家電、パナソニック、YKK APなどが参画

インタビュー |  2020.2.18

Beyond MaaSがまちづくりを変える

(一財)計量計画研究所 理事 兼 研究本部 企画戦略部長 牧村和彦氏

その他 |  2020.1.30

米IT見本市で未来の暮らしやまちの提案相次ぐ

在宅時の急性疾患対応、移動、睡眠など未来の暮らしを描く

住宅 |  2020.1.28

パナソニック・トヨタの住宅統合会社発足

新たなまちづくりの提案に業界注視

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る