消費税増税、ZEH対応、リフォーム市場開拓、事業継承など

山積する工務店の課題解決へ 住宅FC・VCが仕掛ける新戦略とは!?

消費税増税、人口減少・少子高齢化、2020年の省エネ基準の義務化への対応、ZEH化の推進、リフォーム市場の開拓、次代への事業継承など、工務店には様々な課題が山積している。

そのなかで、工務店を組織化することで、スケールメリットを活かした企画開発・販売戦略を行えるなどのメリットがある住宅FC(フランチャイズチェーン)・VC(ボランタリーチェーン)に対する期待が高まっている。
激しさを増す加盟競争のなかで、勝ち残りを掛け住宅FC・VCが打ち出す新戦略とは──。

注目の住宅FC・VCの取り組みを紹介する。