イベント情報

掲載時点での情報です。開催日、開催時間、内容等が変更になる場合もございますので、お出かけの前には各団体にご確認ください。
掲載希望についてのご連絡はこちら

8月
1
2019
緑を守る取り組みを応援 「2019 花王・みんなの森づくり活動助成」の募集
8月 1 – 10月 14 全日

花王との共催で実施する「2019 花王・みんなの森づくり活動助成」の募集を開始した。
緑豊かな環境を次の世代の子どもたちに引き継ぐことを目的に、市民による緑を守り育てる活動を支援するものとして2000年から実施している。
持続可能な森づくり活動、緑を守り育てる人づくり活動、花と緑のコミュニティづくり活動、植生回復など生物多様性に資する活動など、身近な緑を守り育てるさまざまな活動に取り組むNPOや市民活動団体を2年間にわたり支援する。
なお、このプログラムは2019年募集で終了、今後、これまでの成果をとりまとめて広く発信していくとともに、今後のよりよい環境や社会づくりに生かしていく。

助成期間:2020年3月〜2022年3月
支援内容:森づくりや環境教育活動に要する費用を対象として、各年50万円を上限に助成
募集期間:8月1日〜10月14日
問合せ:03-5216-7191

10月
4
2019
省エネアドバイスの人材を育成 「暮らし省エネマイスター検定」を実施
10月 4 全日

家庭生活における省エネルギーを実践、実現したいと考える一般生活者に的確なアドバイスを行うことができる人材を育成する「暮らし省エネマイスター検定」を実施する。

特に住まいに関連したアドバイスを充実させているのが特徴。熱やエネルギーのことを一から詳しく学びたい、省エネな家を増やして仕事にもつなげたいという人も検定の対象。

実施日:10月4日(金)
会場:東京、名古屋、大阪
参加費:テキスト+受験で会員4,000円、一般7,500円
問合せ:048-637-1116

10月
5
2019
ラウル・デュフィのテキスタイルなどを一堂に展示
10月 5 – 12月 15 全日

華やかで赤い色彩と軽妙な筆致の作品で人を惹きつける画家ラウル・デュフィ。モダンで優美な絵画と、モードの帝王ポール・ポワレが重陽した絹織物を含む、デュフィのテキスタイル・デザイン関連作品を一堂に展示する。
ビアンキーニ・フェリエ社のアーカイヴを引き継いだデュフィ・ビアンキーニから出品されるデザイン原画や下絵、オリジナルテキスタイル、プリント生地のための試し刷り、復刻生産されたテキスタイルによる衣装作品などを紹介する。
関連イベントとして、美術評論家の木島俊介氏による「ラウル・デュフィ 画業とその魅力」、フェリス女学院大学准教授の朝倉三枝氏による「デュフィとモード ポール・ポワレとのコラボレーションを中心に」の講演会なども開催する。

開催日:10月5(土)〜12月15日(日)
会場:パナソニック東京汐留ビル4階
入館料:一般1,000円
問合せ:03-5777-8600

10月
9
2019
建築とITの最新情報を発信「建築とITのフォーラム2019」
10月 9 全日

「建築とITのフォーラム2019」を開催する。テーマは「最適化・BIM・FM・デザインの未来」。

構造システムのグループ各社が、それぞれの専門分野に関するフォーラムを企画し、多彩な講師を招いて、建築とITに関する最新情報を提供する。

構造分野では「構造の最適化技術と構造BIMの最新動向」、FM分野では「BIMとFMの最新事例」、建築分野では「人と建築の未来をデザインする」をテーマに、各専門分野をリードする研究者、実務者、企業が講演する。

あわせて同社グループの製品の展示、体験会も行う。建築企画、事業収支計画から意匠設計、構造設計、省エネルギー計算、図面管理や長期修繕計画まで、建築のライフサイクルに係るすべての製品を実際に操作し、試すことができる。

開催日:10月9日(水)
会場:御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター(東京都千代田区)
参加費:無料(事前申込制)
問合せ:03-6821-1311

11月
12
2019
住宅メンテナンス診断士講習会
11月 12 全日

「住宅メンテナンス診断士講習会」を、大阪及び東京の2会場で開催する。
講習内容は、国土交通省の「新たな住生活基本計画:誰もが豊かで住み応えを実感でする住生活に欠かせない住まいのメンテナンス診断」を踏まえた、木造戸建て住宅の維持管理、メンテナンス。
具体的には、住宅のメンテナンスの基礎知識、調査診断を実施するにあたってのポイント、木材劣化(シロアリ、木材腐朽菌)及び外装劣化(基礎、外壁、屋根、ベランダ)の不具合に至るメカニズムや劣化診断のポイントなど。
現時点での「建物の構造にかかわる調査診断」だけでなく、中長期的にわたり、住宅の維持管理、メンテナンスの適切なアドバイスができる人材育成の講習会となっている。

開催日:大阪会場-8月6日(火)、東京会場-11月12日(火)
受講料:会員21,600円、一般27,000円
問合せ:06-6941-8336

11月
13
2019
住宅からまちづくりまで 建築に関する展示会「Japan Home & Building Show 2019」
11月 13 @ 10:00 AM – 5:00 PM

Japan Home & Building Show 2019を開催する。
第41回を迎える「ジャパンホームショー」をはじめ、「ふるさと建材・家具見本市」、「店舗・商業空間デザイン展」、「トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」、「団地・マンションリノベーション総合展」、「景観・ランドスケープ総合展」、「イノベーションオフィス」の7つの展示会を継続開催する。
また、上記に加え、今年度は「サウンド特集」及び「高齢者に優しい住宅」特集を初開催する。
開催期間:11月13日(水)〜15日(金)、10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西展示棟1〜3ホール
出展規模:1200社/2250ブース
申込締切:7月26日(金)
問い合わせ:03-3434-1988

11月
14
2019
住宅からまちづくりまで 建築に関する展示会「Japan Home & Building Show 2019」
11月 14 @ 10:00 AM – 5:00 PM

Japan Home & Building Show 2019を開催する。
第41回を迎える「ジャパンホームショー」をはじめ、「ふるさと建材・家具見本市」、「店舗・商業空間デザイン展」、「トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」、「団地・マンションリノベーション総合展」、「景観・ランドスケープ総合展」、「イノベーションオフィス」の7つの展示会を継続開催する。
また、上記に加え、今年度は「サウンド特集」及び「高齢者に優しい住宅」特集を初開催する。
開催期間:11月13日(水)〜15日(金)、10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西展示棟1〜3ホール
出展規模:1200社/2250ブース
申込締切:7月26日(金)
問い合わせ:03-3434-1988

11月
15
2019
住宅からまちづくりまで 建築に関する展示会「Japan Home & Building Show 2019」
11月 15 @ 10:00 AM – 5:00 PM

Japan Home & Building Show 2019を開催する。
第41回を迎える「ジャパンホームショー」をはじめ、「ふるさと建材・家具見本市」、「店舗・商業空間デザイン展」、「トイレ・バス・キッチン空間・設備フェア」、「団地・マンションリノベーション総合展」、「景観・ランドスケープ総合展」、「イノベーションオフィス」の7つの展示会を継続開催する。
また、上記に加え、今年度は「サウンド特集」及び「高齢者に優しい住宅」特集を初開催する。
開催期間:11月13日(水)〜15日(金)、10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西展示棟1〜3ホール
出展規模:1200社/2250ブース
申込締切:7月26日(金)
問い合わせ:03-3434-1988

11月
17
2019
JSHI公認ホームインスペクター資格試験を実施 住宅診断プロの登竜門
11月 17 @ 6:32 AM – 7:32 AM

日本ホームインスペクターズ協会(JSHI)は、日本におけるホームインスペクション(住宅診断)の普及と、ホームインスペクター(住宅診断士)の育成および支援を主な事業として展開している。

スキル・倫理観の高いインスペクターの輩出を目的にJSHI公認ホームインスペクター資格試験を実施する。
建築士、施工者、不動産事業者などを中心に毎回1000人を超える受験申し込みがある資格試験で、目視の範囲で住宅の状態を調査・診断する知識、第三者性・中立な立場を堅持するという倫理観を兼ね備えているかを問う。誰でも受験できるのが大きな特徴。

試験申込期間:9月20日(金)まで
試験実施日:11月17日(日)、(全国7都市で同日開催)
受験資格:年齢、学歴、取得資格を問わず
受験料:1万4,000円
問合せ:03-6709-8275

11月
22
2019
若手人材育成目的に学生コンペ「長谷工 住まいのデザインコンペティション」応募締め切り
11月 22 全日

建築を志す若手の人材育成を目的に、学生を対象とした第13回「長谷工 住まいのデザインコンペティション」を実施する。
同コンペティションは、社会貢献活動の一環として2007年から継続して実施しているもので、社会課題や世相を反映したテーマを設定、学生ならではの発想豊かなデザイン提案を募集する。
今回のテーマは「多世代、多国籍で生まれ変わる集合住宅」。現在、介護や働き方、子育てや教育といったコミュニティーの問題が顕在化している。また、インバウンドの増加や出入国管理法の改正により外国人が増加、住まいのあり方も変わろうとしている。そうした多世代、多国籍の人々の住まいを考えることが住宅産業における喫緊の課題の一つとして、同テーマを掲げた。
登録・作品提出締切:11月22日(金)必着
応募資格:12月31日時点で学生であること
登録方法:デザインコンペティションホームページから
http://www.japan-architect.co.jp/haseko/2019/
問合せ:03-3456-3900