2021.6.7

“街全体の駅前化”で、駅近重視の住宅市場が変わる

Luup電動キックボードの走行イメージ Luupが東京都内で電動キックボードのシェアリングサービスを開始した。国の「新事業特例制度」の活用により、すでに電動キックボードが普及している欧米などのようにヘルメットなしで乗ることができる。 電動キックボードは、普及が見込まれるハンドル付きの電動立ち乗りマイクロモビリティだ。最高時速は20㎞程度で、徒歩10〜20分かかる少し遠いと感じる距離の移動に適してい…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事