施工現場“外”のコロナ対策

近隣住民へもコロナ対策をアピールする大東建託の施工現場

30度を超える真夏日が観測され、施工現場では暑さ対策を気にする時期に入った。今年は新型コロナウイルス感染症から、マスクなどの着用も余儀なくされる。現場で作業する職人への熱中症予防に対する例年以上の配慮が、住宅メーカーに求められる。緊急事態宣言発出での休工による工事の遅れがあるかもしれないが、まずは作業者の健康が最優先であることを忘れないでほしい。

作業者の健康管理をする一方で、現場では新型コロナの感染源となる恐れのある箇所をひとつ、ひとつ塞ぐ地道な活動が行われている。大東建託の施工現場を取材した。施工現場に入る前の消毒、検温はもちろんのこと、うっかり、それらをせずに現場に入ってしまうことを防ぐための工夫があった。「現場入場前に消毒をお願いします」。賃貸住宅の施工現場のゲート前に立つと、センサーが人の気配を感知し、このアナウンスを繰り返し流す。

このセンサーを使ったアナウンスは、もともと重機使用中に、人が一定の作業範囲に入り込まないよう流される。それを消毒の注意喚起に応用した。これまでに経験のないコロナ禍での対策を、これまでの経験を生かし、対策する――。今現場で必要なのは、こうした柔軟な発想だろう。

コロナ禍での暑さ対策として、同社はフェイスシールドを作業員に用意する。マスク着用での作業は熱中症の危険が指摘されている。フェイスシールドは、その危険を和らげるが、一方で別の課題も。近隣から「マスクをしていない」というクレームにつながる恐れがある。シールドは透明。遠目からは着用しているかどうかわかりにくい。現場を通りがかった近隣住民が、フェイスシールドの存在に気付かず、マスクせずに作業していると勘違いするケースも考えられる。そんな誤った情報がSNSで発信されたら、その現場の工事だけでなく、企業としての信頼も脅かされる。

同社現場の外側のフェンスには、フェイスシールドを着用して作業しているという案内を看板でしっかり掲示。現場での注意事項をイラストで示すピクトグラフの垂れ幕を近隣住民に見える形で張り出し、しっかり対策に取り組んでいることもアピールしている。

施工現場内だけではなく、近隣住民という“外”に向けたコロナ対策も怠ってはならない。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

住宅 |  2020.9.16

在来木造の工業化、そのコストメリットを徹底検証

話題の大型パネルは本当にコストダウンに貢献するのか

その他 |  2020.8.20
断熱材業界が動く 新提案が活発化
建材 |  2020.8.14
その他 |  2020.6.30

ルポ「大東建託の施工現場での新型コロナ対策」

2m間隔、作業は一人……3密回避を徹底 今後の課題は暑さ対策との両立