道の駅からマチの駅へ


積水ハウスはマリオット・インターナショナルと、道の駅に隣接したロードサイド型ホテル事業「Trip Base 道の駅プロジェクト」を行う。2020年秋以降に5府県15か所、約1000室の規模でオープン。順次、全国へ展開していく予定だ。

道の駅は2018年4月末時点で、全国1145箇所が登録されている。これまでは「休憩施設」の面が大きかったが、国がモデルプロジェクトを募集するなどし、地方創生の拠点として整備が進められている。積水ハウスでは、こうした魅力ある道の駅に隣接したホテルを建設することで、道の駅での宿泊ニーズを取り込む。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事