オピニオン |  2020.2.3

CaaSで共創街づくり

ラスベガスで開催されたCES 2020で、トヨタ自動車が街づくりに進出することを発表し大きな注目を集めた。自動運転やMaaS、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、AIなどの先進技術・サービスの暮らしへの導入を構想している。

トヨタ自動車が街づくりを通じて実現しようとしていることは、「City as a Service(CaaS)」と呼ばれるものだ。デジタルテクノロジーを活用しながら、移動や健康管理などの暮らしに関わるサービスを街のシステムとして居住者に提供する。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目