オピニオン |  2020.1.14

団地再生への“想い”

まちの再生スタートに、住民みんなで喜ぶ

団地再生を取材した。取材したのは大和ハウス工業が1970年に開発を始めた神奈川県横浜市栄区の「上郷ネオポリス」。現在、総戸数868戸、約2000人が暮らす。驚くのは、高齢化率の高さだ。横浜市の統計によると、栄区の65歳以上の高齢化率は30%と、横浜市の区の中で最も高い。「上郷ネオポリス」は、それをはるかに上回る50%。

住民は、危機感を強め、大和ハウス工業に団地再生の相談をしたことをきっかけに、2014年から、両者での意見交換が始まった。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目