移動できるタイニーハウスが暮らしを自由にする

YADOKARI 共同代表取締役 さわだいっせい氏


ウェブメディア「未来住まい方会議」などを通じ、ミニマルライフや他拠点居住といった新たな暮らしを提案するYADOKARIは、移動可能なタイニーハウスを発売した。その狙いとは――、共同代表のさわだいっせい氏に聞いた。

YADOKARI 共同代表取締役 さわだいっせい氏

——今夏に新たなタイニーハウスを発表されました。その経緯を教えてください。

私たちはウェブメディア「未来住まい方会議」を通じ、5000以上のタイニーハウス(以下TH)を紹介していますが、自分たちでもTHをつくりたいと思い2015年に「INSPIRATION(インスピレーション)」というタイニーハウスを10棟限定で販売しました。その後も、鎌倉の工務店エンジョイワークスと共同でTHを開発したり、横浜市日の出町の京急電鉄高架下にTHを活用した複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(タイニーズ 横浜日ノ出町)」を運営するなどし好評を得ています。しかし、課題もあって、いつか真に納得できるTHを提供したいと思っていました。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事