オピニオン |  2019.8.9

コリビングが活動人口の生産拠点に


国土交通省が「ライフスタイルの多様化等に関する懇談会〜地域の活動力への活かし方〜」の第一回を開催した。同懇談会では、「関係人口」と「活動人口」を切り口に、地方創生の可能性を議論していく。

関係人口とは〝観光以上、定住未満〟の存在として地域に関わる人のことを言い、活動人口は関係人口の中でも特に地域の問題解決に資する人のことを言う。関係人口の中から活動人口の担い手をつくっていくことが、人口減少に喘ぐ地域の活性化には重要であると懇談会では指摘した。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事