令和に生き残れる企業


ハウジング・トリビューンが住生活産業の経営トップを対象に実施したアンケート「どうなる令和時代〜今後のキーワード〜」で、半数近い経営トップが重要視したのは「ライフスタイルの多様化」。他にも「IoT・AI住宅」や「働き方改革」というキーワードが上位に顔を並べた。どのキーワードにも共通するのは“変化”という二文字だ。変化を恐れていたら、新たな挑戦への一歩すら踏み出せない。各社経営トップの今後のかじ取りに期待したい。

ライフスタイルの多様化が上位に入るのはアンケートを実施する前から想定できた。予想以上だったのは「働き方改革」だ。30ある選択肢で回答可能なのは3つ。「働き方改革」を選んだのは10人。アンケートに回答した経営トップの実に3割に及んでいる。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

 

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです