法改正、市場環境整備、製品・技術開発の進展でハードルさがる

期待度が高まる中大規模木造市場だが、実績がほとんどない分野だけに設計・施工のノウハウを持つ事業者はそれほど多くないのが実情だ。

一方で、法改正、市場環境整備が進むほか、木材関連団体や建材メーカーなどから、中大規模木造を建てやすくするための技術・部材開発が相次いでおり、「中大規模木造は、わからない、難しい」という状況は過去のものになりつつある。

中大規模木造市場の動向と併せて、中大規模木造を建てやすくするための注目の技術・部材などを紹介する。

続きはハウジング・トリビューンVol.552(2018年4号)で

ハウジング・トリビューン定期購読について詳しくはこちら