住まい価値総合研究所は、10月25日(木)にワテラスコモン3階ホール(東京都千代田区)で「第36回スマカチシンポジオ 「ウッドステーションが築く新たなビジネスモデル みんなの工業化を実現する受託加工サービスとは」を開催する。

今年の5月に、「木造大型パネル受託加工サービス」という在来軸組工法の受託加工事業を展開するウッドステーションが新しく立ち上がった。大工不足の深刻化が懸念されるなか、大型パネル化する工業化技術と、最新の情報技術の融合を図ることで、住宅製造工程を「見える化」し、在来木造の生産性を飛躍的に高めることを目的としている。

ウッドステーションの塩地博文代表取締役社長が、ウッドステーションの成り立ちから、展開する事業モデルなどについて解説する。

開催時間は16時から18時00分。参加費は無料。申込み条件は、ハウジング・トリビューン・オンラインに会員登録していること。先着30名まで申込みを受け付ける。お問い合わせ・お申込みは下記フォームまで。(10/19締め切り)

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
#
このエントリーをはてなブックマークに追加